卵の栄養価は「ほぼ完全な栄養食品」と言われるほど高い。その卵の保存方法や注意すべきこと

卵ご飯 畜産物

茹でてもよし、炒めてもよし、もちろん生でも美味しい。レシピも豊富でスイーツまで入れると、ほぼ毎日食べているんじゃないかと思う卵ですが、賞味期限切れはいつまで食べられるのか、保存はどうすればいいのか、細かいことはよく知らないことに気づいたので調べてみました。

卵は思っていたより日持ちがよい

卵焼き

農林水産省によると、卵の賞味期限は生で食べられる期限ということです。
賞味期限は季節によって異なり、夏期が産卵後16日以内、春秋期が25日以内、冬季が57日以内とされています。
これを基準に賞味期限日が表示されているということでしょうね。
ですので賞味期限が切れた卵でも、冷蔵保存(10℃以下)で10日後ぐらいまでは、加熱すると食べても問題無いそうです。

火を通した方が長く保存できると思われがちですが、実は反対で、加熱すると腐りやすくなる。生のママの状態では卵白に含まれるリゾチウムという酵素が菌を殺してくれるのですが、熱を加えるとその酵素の働きが無くなるかららしいです。

卵での食中毒というとサルモネラ菌が心配ですが、現在日本で市販されている卵は、ほとんど生で食べることを想定して出荷前に殺菌消毒されているので、しっかり冷蔵保存すれば予防できるそうです。

新鮮な卵の選び方、保存方法

卵を光に透かして見て、明るい部分が小さいほど新鮮な卵らしいですが、バラ売りしている店でしかこの方法は使えないですね。
小売店やスーパなどのほとんどがパックに詰められて売られているので、賞味期限から判断するしかないです。前述した通り、夏期の賞味期限が16日以内なので、2週間ほど残っているものを選ぶと、いつの季節に買っても新鮮ということになります。

帰ったら、冷蔵庫のドア部分に卵置き場があったりしますが、ドアは開け閉めが多く殻にひびが入ってしまうことがあるので、できれば奥の方にパックに入れたまま、水分が付かないように、卵の尖った方を下向きに保存しましょう。殻の尖った方が厚めで強いのと、丸くなっている方に気質があるので丸い方を下にすると、気室内の空気と卵黄が触れやすくなり、細菌が入り込む可能性があるからです。
パックは尖った方を下に梱包されているし、パックから出さないでいると水分も付かないので、そのまま保存するとよいということですね。

スーパーなどで買った卵のパックはシールで閉じられていますが、そのシールは剥がさず、反対の繋がっている方をハサミで切って卵を取り出すようにすると、パックがパカッとせず閉じたまま保存できるのでオススメです♪。

ひびの入っているモノや、どこかにぶつけて殻が欠けてしまったモノは腐りやすいので、賞味期限内で一見大丈夫そうでも、生食は避け、加熱料理で出来るだけ早く食べるようにしましょう。

新鮮な卵は、コンコンと殻を割った時、卵黄がこんもりと盛り上がり卵白が白濁しています。
にこぴんとしては、そんな新鮮なうちに卵かけご飯で食べたいですね♪。

ゆで卵を作るんだったら、新鮮な卵より数日たったモノで

ゆで卵

ゆで卵を作って殻を剥いた時、卵白も殻にくっ付いて剥けてしまいボコボコになってしまった経験はありませんか? にこぴんも冷水に浸ける時間が短かったのかしら?とかいろいろやっていたのですが、ポイントはそこではなかったようです。
そもそも新鮮な卵は茹でると卵白が卵殻膜に押し付けられて密着されるので、剥きにくいんだそうです。なので採卵日から5〜7日経過した卵で作る方が剥きやすい。

買ってすぐに食べたいという時は、茹でる前に丸い方に画鋲で穴を開けるとか、茹でて冷水に浸けた後、平たい所で手のひらを軽く押し付けコロコロと転がし、まんべんなく殻にひびを入れてから剥いたりすると、新鮮な卵で作ってもけっこうキレイに剥けるそうです。

ゆで卵は熱を通しているので日持ちがしません。ひびが入っていない卵は冷蔵保存で3〜4日。殻を剥いた場合はその日の内に食べるようにしましょう。

卵は「ほぼ完全な栄養食品」と言われるほど、栄養素がぎっしり!

卵は、ビタミンCと食物繊維を除く、体をつくるのに必要な栄養素がすべて含まれている食材なのだそうです。そう言われるとその通りで、元々1個の卵からひとつの生命体が産まれるんですものね。

主成分のタンパク質には、食べることでしか摂取できない必須アミノ酸がバランス良く含まれ、体内でエネルギー源として働きます。
卵黄に含まれるレシチンの主成分のコリンは、脳組織の老化防止・活性化をうながしアルツハイマーの予防や中性脂肪の量を調整したり、血圧を低下させ高血圧や高コレステロール血症・脂肪肝などの予防・改善に効果が期待できるそうです。ビタミンもビタミンC以外が含まれていて、美肌作り、糖尿病・動脈硬化予防に役立ちます。
他にもカルシウム・ルティン・鉄など栄養素のかたまりです。
消化吸収にも優れており、特に半熟の状態で食べると、吸収率が96%ぐらいになるそうです。

オムライス

殻付きの卵をレンジでチンすると爆発する!

電子レンジはボタン一つで簡単に調理ができる、忙しい時にも助かる便利な家電です。これで卵料理ができたら楽なのですが、使用する際は注意が必要です。

卵を殻付きのままチンすると爆発し、とても危険です。
電子レンジはマイクロ波で食品に含まれる水分を温めます。温められた卵の中の水分が水蒸気になって外に出ようとして殻を破り爆発するのだそうです。では殻を割って中身だけだったら大丈夫かというと、卵の卵黄や卵白も膜に覆われているので、やはり爆発してしまいます。殻を剥いたゆで卵も丸いままだと爆発するそうです。
電子レンジで卵を調理したい場合は、卵黄に数カ所爪楊枝などで穴を開けるか、耐熱容器の中でかき混ぜてから。ゆで卵も半分に切って蒸気の逃げ場を作ってからチンしましょう。
電子レンジで卵料理が簡単にできる器具も市販されているので、それを利用するのもいいかもしれませんね。

おまけ

最近「卵殻膜美容液」というのをよく耳にしませんか? 卵殻膜って、ゆで卵の殻を剥く時、卵白部分にくっ付いているあの膜のことですよね。あれが美肌作りに効果があるらしい。栄養素が豊富な卵の膜・・・。
う〜ん。お肌の曲がり角をとっくに過ぎた(^^;苦笑)にこぴんですが、なんだか気になるところです。

出典・参照させていただいたサイト:
ゼクシィ キッチン
一般社団法人 日本養鶏協会
AEON.com

コメント メールアドレスが公開されることはありません。

タイトルとURLをコピーしました