野菜

野菜

シソの栄養と効能。薬味だけでなく漢方としても食べられてきたシソの栄養素は?

シソは緑黄色野菜に分類されているだけあって、ビタミン(ビタミンB12・Dを除く)・ミネラル類、そして食物繊維などを含んでいます。そして、抗酸化作用のあるポリフェノール、香り成分のペリルアルデヒド・ロスマリン酸・アントシアニンを含んでいます。
野菜

アスパラガスの栄養と効能。ビタミン類が豊富で、疲労回復に役立つ栄養素も

グリーンアスパラガスは緑黄色野菜になるので、β-カロテン(ビタミンA)・ビタミンB群・ビタミンC・ビタミンE・ビタミンKなどのビタミン類は多いです。そして、アスパラギン酸やルチンなど、疲労回復やアンチエイジングにも有効な成分を含んでいます。
野菜

筍の栄養と効能。食物繊維が豊富な筍には他にどんな栄養があるの?

筍100gあたりのカロリーは26kcal、糖質1.5g、脂質0.2g、コレステロール含有量ゼロという、とても低カロリーでヘルシーな食材。とくに食物繊維、チロシン・アスパラギン酸・グルタミン酸、パントテン酸、カリウム・亜鉛などを含んでいます。
野菜

新玉ねぎや赤玉ねぎは辛味が弱いので、栄養的には生で食べた方がおトク!

新玉ねぎは収穫後すぐに出荷されるので、水分を多く含んでいて果肉が軟かくジューシー、そして辛味が少なくほんのりと甘いのが特徴です。含まれる硫化アリルやケラスチンの量は通常より少ないですが、生で食べることで効率的に体に良い成分を摂取できます。
野菜

血液サラサラ効果などで注目の玉ねぎ。その体に良さそうな栄養成分を効率的に摂る食べ方は?

玉ねぎの五大栄養素の含有量はビタミンB6・Cなどが多いぐらいでそれ以外は特に目立つものはないですが、血液サラサラ効果などで注目の硫化アリル(アリシン)や、アンチエイジング効果が期待できるケルセチンなど、機能性成分が豊富に含まれています。
野菜

ネギの栄養と効能。白ネギと青ネギは栄養価が違う?

白ネギは淡色野菜。緑黄色野菜の葉ネギの方がβ-カロチンなど含まれるビタミンやミネラルの量は多いです。しかし白ネギはアリシンという成分を多く含んでいるので、薬効的には高いのではないかと言われています。葉の裏側にあるフルクタンの栄養にも注目。
野菜

ジャガイモの栄養と効能。野菜?穀物?と分からなくなるほど、ビタミンCや炭水化物が多い

ジャガイモ(生)は100gあたり76kcalで、芋類としては意外に低カロリー。栄養素としては炭水化物、ビタミンC、カリウムが多く、植物性タンパク質、ビタミンB群、ミネラルもカリウム以外にマグネシウム・リン・鉄・銅・亜鉛などを含んでいます。
野菜

茄子の栄養価と効能。皮ごと食べて、ナスニン効果に期待しよう!

全体の約93%が水分の茄子は100gあたり22kcal、糖質2.9gと低カロリー。カリウムが多く、茄子の皮に豊富に含まれるポリフェノールの一種ナスニンは、ブルーベリーや赤シソに含まれるアントシアニン系の色素成分で、強い抗酸化作用があります。
野菜

ゴーヤーの栄養価と効能。熱に強いビタミンCと苦み成分モモルデシンで疲労回復

豊富に含まれる栄養成分はビタミンC、食物繊維、カリウム。苦味成分のモモルデシンにも栄養があります。他にも葉酸・ビタミンK・ナトリウム・カルシウム・鉄分・リン・マグネシウム・タンパク質と、健康や美容に役立つさまざまな成分が含まれていいます。
野菜

ズッキーニって、キュウリ? 茄子? いえ、かぼちゃです! 栄養素と効能、保存方法について

キュウリの仲間と思われているズッキーニは、実はカボチャ。カロリーは100gあたり約14kcal、糖質は約1.5g。含まれる栄養素は、β-カロテン・ビタミンC・ビタミンB2・葉酸・ビタミンK・カルシウム・カリウム、そして食物繊維が豊富です。
タイトルとURLをコピーしました