畜産物

畜産物

鶏肉の栄養素と効能。タンパク質の他にも栄養が。部位によりちょっと違う

鶏肉の栄養は全体的に高タンパク質、低カロリーで糖質がほとんど無い。でも含まれる栄養素はタンパク質だけではなく、イミダゾールジペプチドやビタミン・ミネラルなど美容や健康に役立つ栄養がいろいろあります。加えて部位による栄養の違いも紹介します。
畜産物

牛肉の部位による、味・食感・栄養価の違い。美味しく食べるために適した料理は?

牛1頭(約700kg)から取れる精肉部分は、約300kg。それに内臓部分を含めて、部位により同じ牛でも味や食感・栄養価も違ってきます。それを知ることで、もっと効率的に栄養を摂りながら、美味しく食事できるでしょうから、部位の特徴を紹介します。
畜産物

牛肉の栄養素と効能|バランスのとれたタンパク質とアラキドン酸で至福のひと時を

牛肉や豚肉の赤身に豊富に含まれているトリプトファンが脳に取り込まれ、しあわせホルモンのセロトニンを作ります。アラキドン酸は脳内でエタノールアミンという物質と結合しアナンダマイド(至福)に変化します。これが肉を頬張った時に感じる幸福感の正体。
畜産物

豚肉の栄養素、良質なタンパク質とビタミンB1で疲労回復!冷え性解消や美肌を目指そう

豚肉に含まれるタンパク質や脂質は代謝や免疫機能を強化したり、重要なエネルギー源だったりと生命の維持に欠かせない栄養素。ビタミンB1は別名「疲労回復のビタミン」と呼ばれており、体内で脂質・糖質を分解しエネルギーに変えるのに必要な栄養素です。
畜産物

卵の栄養価は「ほぼ完全な栄養食品」と言われるほど高い。その卵の保存方法や注意すべきこと

卵はビタミンCと食物繊維を除く必須アミノ酸やレシチンの主成分のコリン、ビタミン群など、体をつくるのに必要な栄養素がすべて含まれている食材。消化吸収にも優れており、脳組織の老化防止・活性化をうながし、美肌作り、糖尿病・動脈硬化予防に役立ちます。
タイトルとURLをコピーしました