牡蠣の栄養価

魚介類

牡蠣は低カロリーなのに栄養豊富。生食用と加熱用ではどっちが新鮮?

牡蠣には、グリコーゲンやグリシン・コハク酸など旨味成分がたっぷりなうえ、必須アミノ酸を全て含むタンパク質やカルシウム、鉄・銅、タウリン、亜鉛などのミネラルなど栄養素が多く含まれ「海のミルク」あるいは「海の完全食品」とも呼ばれています。
タイトルとURLをコピーしました